近況

最初の記事投稿から連続投稿が3日で途切れてとても三日坊主を感じている. ネットワークインターフェースの調子が悪かったりしてVPSを何度も建てなおしたりしていた.

本題

最近,VPNサーバーを立てているVPSにVPNのIPアドレスを割り当てたい事情が発生した. しかしLinuxOSの制約とやらでVPN内のホストがVPNサーバーを稼働させているホストにアクセスできないみたいな話があるらしい.

解決策として

  • 追加でNICを用意してブリッジ接続する.
  • VPNクライアントをインストールしてクライアントとして接続する.

などがある. 後者も結局仮想のNICをインストールするので動作が軽いか手順が簡単かの差だと思う. ネットワーク詳しくないのでわかりません…

両方試したがどちらもVPNのアドレスを割り当てた瞬間にVPSが外部からの接続に応答しなくなってしまった. 恐らくVPSがVPN越しに外部に接続しようとしたためだと思う.

どのルートを使ってインターネットに接続するかを設定すれば良いのだが,これに気づくまでかなりの時間悩んでしまった.

複数NICでのデフォルトゲートウェイ設定方法を参考に/etc/sysconfig/networkにGATEWAYを書き込んで#service network restartしたら上手く行った.