前記事で壊れたと言っていたPCが直った.

経緯

Dellのテクニカルサポートに問い合わせたところ,

という返事が返ってきた. 実は,このツイートのリンクに示された方法はすでに試していたのだが,この返事が返ってきてからもう一度ためしてみることにした.

バッテリーとACアダプタを外して放置したのだが,そのまま忘れて3,4時間ほどそのままにしてしまった. その後,起動を試してみたところ,無事起動することが出来た.

考察

放電が目的ならなるべく長時間放置したほうが放電されるのは当然なので,忘れて放置したのは怪我の功名と言える. また,今回は電源ボタン長押しの強制終了をしてしまい,起動できなくなった. 放電で直ったことから強制終了時に変なところに電荷が残ったのが原因だと考えられる.

まとめ

電源ボタン長押しの強制終了は危険なのでなるべく避けるべきである.