つらいことが重なってやばい. 鬱になりそうである.

大きく3つ辛いことがある.

  • PCのキーボードが効かなくなった.
  • 卒研の中間発表のポスターができていない.
  • 5年の修了要件を満たすのが厳しい.

PCのキーボードが効かなくなった

状態としては,文字キーの下2段,つまりA-]とz-\しか効かなくなっている. 原因はおそらくPCの発熱がやばかったので保冷剤を上に置いていたことで,その水滴のせいだと考えられる. 一回放電してみるなり分解してみるなりで直らなかったらかなり厳しい.

卒研の中間発表のポスターができていない

まだ手を付けていない. レジュメよりは楽だと指導教員に言われたが徹夜になりそうである. とりあえず明日の昼休みまでに一通り仕上げなければならない.

5年の修了要件を満たすのが厳しい

正直なところこれが一番ぶっちぎりでつらい.

いままで5年の修了要件を"5年の標準習得科目のすべてが60点以上,もしくは50点以上かつ平均65以上で,加えて卒業研究に合格し,入学後の修得単位数が一般75単位以上,専門82単位以上で合計167単位以上であること"だけだと思っていたのだが,加えて"5年生の一般選択科目の修得単位数が5単位以上であること"が判明した. 現在わかっている前期の自分の一般選択科目の修得単位数は2単位であり,後期に修得可能な単位数は2単位である. このままでは4単位にしかならず,条件を満たすことができない.

解決策としては,

  • 判明していない単位が実は習得できていること(+2単位)
  • 現在TOEIC IにしかならないスコアをTOEIC IIが取れるスコアまで上げる(+1単位)
  • 然るべきところに土下座する(+?単位)

である. 1つめは担当教員の匙加減次第である. 明日確認してみないとわからない. 2つめが一番現実的ではあるのだろうが,チャンスが少ない上に苦しい. 3つめは最終手段な上,望みが薄い.

現状としては以上であるがかなり厳しいと言える.

まとめ

あまりに辛かったので現実逃避にブログを書いたが現実の再確認にしかならなくてとてもつらい. どうにか卒業できそうだろうという感じでやってきていたのに突然留年の危機がやってくるのやめてほしい. それに加えて色々とトラブルが重なるのもやめてほしい. ほぼ自分のせいで因果応報なのだが重ならないでほしい.

とりあえずまた白髪が増えそうである.